2011年03月15日

Google、避難所名簿共有サービス開始

東日本大震災の支援のために、
Googleが避難所名簿共有サービスを立ち上げました。

Googleが立ち上げた避難所名簿共有サイトで、
どの避難所に誰がいるかを確認することができます。
ケータイカメラで撮ったモノをみんなでまとめているアルバムです。

携帯電話にGPS機能が付いている場合、
Picasa上で地図と一緒に表示することが可能だそうです。
こんな感じ。
google.jpg
使い方

@まず名簿(手書きも可)の写真を携帯電話のカメラでとってください。
(お手持ちの携帯にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付してくださると、
Picasa上で地図と一緒に表示することができます。)

Aメールの件名に「避難所名」を設定してください。
件名に入力した避難所名が、写真共有サービス Picasa 上で
自動的に画像の説明に入力されます。

Bメールに添付して、tohoku.anpi.google@picasaweb.com まで送ってください。
自動的に Picasa ウェブアルバムにアップロードされます。
複数の画像を同時にお送りいただいても大丈夫です。
(下記 QR コードからもメールアドレスを取得できます)

googlechart.png

C送信していただいた画像は、
Picasa ウェブアルバム(短縮URL: goo.gl/ganbare)でご確認いただけます。


やるじゃん、google!!

2011年03月14日

被災軽微な人が今すぐできる4つの支援

まずは、コレ。
阪神大震災の経験を無駄にしないよ!
※地震テンプレ by千夏ちゃん。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
被災警備な人がすぐできる4っつの支援。
アメーバニュースより抜粋

1. 省エネを強く意識しよう

今回の地震の災害は甚大で、
現在は特に電気供給に不安が生じている状態にあります。
執筆時点の情報によれば、首都圏の一時停電も検討せざるを得ないようです。
おそらく、その他のエネルギー資源についても輸入に頼ることが多いため、
供給の不安定さは生じることと思います。

そこで、特に東京電力管内にお住まいの方については、
自分の生活に支障がなかい程度に節電、省エネルギーに努めてみてください。
これは助け合いになります。

少し厚着をして暖房を控える、家族は続けて入ってお風呂の沸かし直しをしないなど、
なんでもできることをやってみてください。
ムダな明かりを消すだけでもいいです。
一般的には、熱に関する器具が電力消費が大きいといわれます。
各自工夫をしてみてください。


2. 買いだめの「しすぎ」に注意

物流の不安もこれからやってきます。
被災地への支援物資が優先されるため、一般向け流通が減少したり、
被災地での生産活動がストップすることにより、
今後食品などの流通量が減少することと思われます。

買いだめをある程度行うことは、個人や家族の生活を守るために必要かもしれません。
しかし、無用な量の生活物資の買いだめはしないでください。
もしかすると、本当は無用な買いだめで、
別の家族が生活必需品を確保できなくなってしまうかもしれません。

絶対にやってほしくないことは、買いだめ品を捨てること。
生鮮品を買いだめしたけど食べずに捨てるようになるような、
もったいないことはしないでください。
被災地では卵も牛乳も、あらゆる食品が自由に手に入らない状態にあります。
まさに「もったいない」の精神を発揮することは、
あなたの家計だけでなく、遠くの被災者の支援にもつながるはずです。


3. 移動は公共機関をできるだけ使う

今のところ、関東首都圏地域では被災は軽微であり、
多くの人が車を利用しています。
しかし、これからたくさんの支援物資を全国から東北方面へ運ぶことになります。
また、余震が起きることがあれば、首都圏でも緊急車両が都内を駆け巡ることになります。
地震の当日は都内でも渋滞が発生し、救急車両の移動に支障が生じていました。

また、ガソリンの輸入・流通にも支障の出る恐れがあり、
当面の間はガソリンの供給不安もありえます。
被災者支援のための動力源に、優先してガソリンを使ってほしいところです。
そこで、ガソリン消費を抑えるライフスタイルにしばらく切り替えてみてはいかがでしょうか。

たいていの場合、電車やバスなどの公共機関のほうが安上がりなことが多いですし、
使用するエネルギーも少なくてすみます。
できればしばらくの間、移動にはできる限り公共機関の活用をお願いしたいです。


4. できれば寄付を

最後のお願いは寄付です。
自分の生活に無理のない範囲でかまいません。
年収ベースでいえば、1%程度でもかまいません(それでも立派な金額になると思います)。
寄付に協力してみてください。

個人的なアドバイスとしては、寄付金控除をとって、
来年の確定申告に活かすようなところに振り込んでみてはいかがでしょうか? 
寄付金控除を取るためには、基本的には振込となるので、
募金箱より早くお金が届くと思います。
また、信頼できる団体のみが寄付金控除の証明書を発行できるので、
支援の気持ちも確実に届きます。

ネットで「寄付金控除」で検索して団体を探し、
ネットバンキングや銀行の窓口で振り込んでみてください
(振込手数料無料のところも多いです)。
なお、個人の判断で直接モノを送らないようにしましょう。
不要な物資が届いても、現場の混乱を招くだけです。

また、ポイントを寄付に回すようなサービスもありますので、
利用してみるといいでしょう。
1人の未使用の100ポイントも、1万人分あれば100万の力になります
(例えば、Tポイントはネット経由でポイントを寄付に回せるようです)。

今回はたまたま被災軽微であった私たちも、
もしかしたら大変な被災に遭った当事者になっていたかもしれません。
誰もがボランティアに駆けつけることはできませんが、
何か力になりたいという気持ちを持つ人は多いと思います。

ここでは「今すぐに誰でもできる」小さな支援を4つご紹介しました。
ひとりひとりの力は小さくても、合わせれば大きな支援の力になります。
自分にできる範囲でかまいません。
被災軽微な立場だったからこそできる取り組みをしてみてほしいと思います。


Tポイントを募金に換金するサイトも発見。

私個人に何が出来るか・・・
分からないけど、行動効果とか何とか、
あれこれ考える前に、とにかく出来ることはやろう。

宮崎県復興のために、全国から支援してもらったもの。
今度は宮崎だって、支援の先頭に立たなくちゃダメだ。

がんばれ、東北!下を向かないで!
生きて!生きて!!

がんばれ、宮崎!支援を止めるな!



2011年03月13日

チェーンメールの拡散防止を!

この大惨事の最中にあって、
九州地方ではチェーンメールが出回っています。

関西電力職員を名乗り、
節電を呼びかけるチェーンメールが九州地方で氾濫しています。
以下、チェーンメールの内容です。
***********************************
九州電力で働いている人からのお願いです

出来るだけ多くに回してください

■お願い■

この度の大地震の被害で本日22時以降関東の電力備蓄が底をつくらしく、
東北地方への電気供給が難しくなり、
中部電力や関西電力、九州電力からも送給電を行います。

一人が少しの節電をするだけで、
東北地方周辺の方の携帯の充電、
病院での医療機器の使用が可能になります。

九州に住む私たちには節電ぐらいしか出来ませんが、
このメールをできるだけ多くの方に送信することできっと役に立ちます。

********************************************

内容は確かに重要で適切なことですが、
その流布の仕方に問題あり。

情報伝達手段と情報量の制限下にある現在、
いたずらなチェーンメールの拡散は、
トラフィックに負荷をかけるばかりでなく、
不要な不安心理を誘導することにもつながります。

節電は大事だけど、チェーンメールはスパムです。
拡散を防止してください。

ちなみに、関西電力のホームページより、
以下のとおり抜粋。
***************************************
○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社協力しながら融通可能な範囲で最大限の電気の融通を行っております。[注]

○なお、今のところお客さまに特別に節電をお願いするような状況にはなく、当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設の容量は上限が決まっております。

*************************************************
関西電力にも迷惑がかかっています。
しかも、西日本から東日本に送電することは、
周波数を変更しなければならず、
その変更容量は上限が決まっている、とのこと。

内容がまともなだけで、スパム行為です。
拡散を防止してください。

2011年03月12日

被災地以外の方にできること。

詐欺暴露屋さんのブログより、転載します。
ブログの力を信じて・・・

転載可

■義援金について

Yahoo!基金
goo募金 (要アカウント)
共産党京都府委員会
民主党
ジャパンプラットホーム
宮城県
CANPAN FIELDS
Give One
NTT Docomo
American Red Cross(ドル決済)
Evernote

共産党だとか民主党だとかの思想とはこの際関係なく。


また、Yahoo!基金では、ブログパーツの提供も行われているため、
ブログをお持ちの方はサイドバー等に貼り付けることを推奨します。

★script type="text/javascript" src="http://rd.yahoo.co.jp/volunteer/blogparts_program/01/js/other_only/*http://i.yimg.jp/images/volunteer/donation/blogparts/general/blogobject.js?id=1630001" charset="utf-8">

↑これをコピペすると、私のブログの右サイドバーにあるようなブログパーツを貼れます。
※『★』を、『<』に書き換えてください。


■節電について

東京をはじめ、被災地の電力が足りていないみたいです。
関西電力や中部電力が送電を開始したとのこと。
送電の転送量に限界があるみたいですが、できる限りの節電を心がけましょう!

以下、twitterからの情報です!

【3月12日14:30現在】送電容量いっぱい
関西電力や中部電力からの東電管区への送電は既に送電容量いっぱいなので、
そっちが節電しても送電量が増えることはないとマスコミからも報道があります。


電力会社の方から
電力会社の者です!節電に協力して下さい!!あなたの節約した電気が、病院に使われ、傷付いた一人の命を救います!!完全復旧送電には最低一週間はかかります。せめて一週間、節電をなんとか、心より、どうか宜しくお願いします!!!m(_ _)m


関西電力が電力の供給を開始(via twitter)
関西電力が東京方面への電力の供給を開始したとの情報が入りました。と言う事は関西での節電が災害の協力になります!まだまだ夜半には冷え込みも厳しく18時〜19時の時間帯で300万KWの電力が不足するとの東京電力の需要予想です!皆で節電して、皆でこの有事を乗り切りましょう!


18〜20時が電力不足のピーク
節電を訴えるTLが流れているが、電気はそのタイミングで節電しなければ意味がない。『18〜20時に節電する』これが大事。その時間帯だけ、余分な家電製品のスイッチやコンセントを抜く。それだけでも効果は大きい。


■献血について

被災地では、報道通り現在多数の負傷者がいます。
そこで、献血は非常に効果的なのですが、
血液の保存にも期間があるため、献血のタイミングが重要となっています。
献血をする際には、窓口に問い合わせる等して、
自分の血液型の血液が今すぐ必要か確認したほうが良いと思われます!


以下、twitterからの情報です。



赤十字センターの見解
@今すぐ必要となる分の備蓄はあります。
A今後不足が予想される時は報道機関を通じて協力の呼びかけをします。
B献血間隔は通常で3ヶ月、成分献血で2週間。』 
結論:血液鮮度の関係上、呼びかけがあってからの協力が一番助かるとのこと。


月曜以降に
大阪から!献血ルームに「地震で血液の必要数は足りてますか?」って問い合わせたら「まだ現地の病院が稼働していないので手術で血液が足りてない状況までは至っていません。長い目で見て月曜以降に献血に来て下さい」って言われた。焦らず出来ることからしましょう


献血を考えている方へ。
献血→阪神のときには皆が一斉に献血に向かい、その血が尽きた頃に血も献血者も不足し困ったそうです。
400献血の保存期間は最大21日。成分献血は3日。
血液は400mL献血の場合、三ヶ月に一回しか提供できません。計画的な参加を心掛けて。

献血で2週間、全献血で1ヶ月間次の献血ができなくなる。不足はおそらく2ヶ月近く続くはず。献血に行って混雑してたら本日分達成してる可能性あるから後日に!あわてて献血して、使いきれない献血集めるより継続して提供できる状況を!

献血できる人の条件
18歳〜69歳で体重50kg以上の方。出血を伴う歯科治療をされた方も、治療後3日以降なら採取できます。ピアスを医療機関で開けた方は1ヶ月、自分で開けた方は1年間採取出来ません。インフルエンザワクチンを接種した方は24時間後であれば大丈夫です。

■救援物資について

宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ

個人の方は救援物資を送る際は良く考えた上でお願いします。

2011年03月11日

☆緊急エントリ☆災害用伝言版☆

通信各社の災害用伝言板は以下の通り。(ITmedia News)

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html
 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。
 PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

▼KDDIの災害用伝言板サービス
 EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。
 安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。
 安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html
 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。

▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html
 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/
 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai
 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。
 安否確認は、http://dengon.emnet.ne.jp/

・・・みんな大丈夫ですか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。