2011年03月13日

チェーンメールの拡散防止を!

この大惨事の最中にあって、
九州地方ではチェーンメールが出回っています。

関西電力職員を名乗り、
節電を呼びかけるチェーンメールが九州地方で氾濫しています。
以下、チェーンメールの内容です。
***********************************
九州電力で働いている人からのお願いです

出来るだけ多くに回してください

■お願い■

この度の大地震の被害で本日22時以降関東の電力備蓄が底をつくらしく、
東北地方への電気供給が難しくなり、
中部電力や関西電力、九州電力からも送給電を行います。

一人が少しの節電をするだけで、
東北地方周辺の方の携帯の充電、
病院での医療機器の使用が可能になります。

九州に住む私たちには節電ぐらいしか出来ませんが、
このメールをできるだけ多くの方に送信することできっと役に立ちます。

********************************************

内容は確かに重要で適切なことですが、
その流布の仕方に問題あり。

情報伝達手段と情報量の制限下にある現在、
いたずらなチェーンメールの拡散は、
トラフィックに負荷をかけるばかりでなく、
不要な不安心理を誘導することにもつながります。

節電は大事だけど、チェーンメールはスパムです。
拡散を防止してください。

ちなみに、関西電力のホームページより、
以下のとおり抜粋。
***************************************
○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社協力しながら融通可能な範囲で最大限の電気の融通を行っております。[注]

○なお、今のところお客さまに特別に節電をお願いするような状況にはなく、当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設の容量は上限が決まっております。

*************************************************
関西電力にも迷惑がかかっています。
しかも、西日本から東日本に送電することは、
周波数を変更しなければならず、
その変更容量は上限が決まっている、とのこと。

内容がまともなだけで、スパム行為です。
拡散を防止してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。